|Contact Us   Global

​ 高分子材料の応用は、構造材料やデバイスだけでなく、環境・バイオ・医療・エネルギーなどの広い分野にわたり、開発が盛んに行われています。 ナノオーダーでの材料の機能化、複合化の開発が進み、 原子間力顕微鏡はポリマーの特性を評価するための強力なツールとして広く利用されるようになりました。 今回は装置の機能としてのくくりではなく、高分子材料を中心として考えたナノ機械特性、ナノ電気特性を含む測定データ、評価について紹介せていただきたいと思います。

Park Lectures - Park Atomic Force Microscope